公益財団法人 日本教育公務員弘済会 新潟支部   
 組 織 概 要                              HOMEへ
公益財団法人 日本教育公務員弘済会
新潟支部(新潟教弘)は 
「県教育界」と「教職員」の皆様を
全面的に支援いたします。
   日教弘設立の経緯 
      日教弘は、戦後の混乱が癒えぬ昭和27年に誕生しました。教育に携わる教職員の福祉が向上し、安心して仕事に専念できるよう、「共済」の精神に基づいて、先達が創設した福利団体です。
  新潟県では、昭和33年に新潟県教育公務員弘済会を設立、新潟支部として全国組織に加入し「県教育の振興と教職員の福祉の向上」を基本理念に事業を展開してきました。
  事業の財源として、旧協栄生命(現ジブラルタ生命保険株式会社)と提携して教職員だけが加入できる低廉な保険料の共済制度を設けました。互いの家族を守り合い、その運用果実で「奨学事業」や「教職員や学校等を支援する助成事業」、「教職員の福祉事業」を行ってきました。
  これまでの実績が認められ、新潟県教育委員会から「福利五団体」として認定されました。また、国からも事業の公益性が認められ「公益財団法人」としての認可を受けました。 


       
   公益財団法人として 
      平成24年4月1日、日本教育公務員弘済会は、「公益財団法人日本教育公務員弘済会」として認定されました。公益財団法人としての事業を的確に展開できるよう、教弘保険を一層充実させます。

      教弘保険の仕組みと構造が行政府当局によって公認されたことにより、収入が安定し、確実な事業展開を行うことができるようになりました。 
      教弘保険は、「@加入者自助 A加入者相互扶助の共助 B加入者協力協同による公益増進の公助」を併せもつ、大変優れた保険です。 
      教弘保険加入者は、自らが加入している教弘保険が発揮する「民による教育力発揮」に一段と誇りをもつことができます。 

  これからも教育に携わる仲間同士の「助け合いの輪」を広げ、「豊かさと生きがいのある生活」を目指して事業の充実発展に努めてまいります。 
       
    このページのトップへ
   教育の振興と教職員の福祉の向上を目指して 
   (C)公益財団法人 日本教育公務員弘済会 新潟支部 All Rights Reserved.